つみたてNISAはどうなった?

資産の状況
スポンサーリンク

2018年1月から開始されたつみたてNISAは、2023年12月で終了となります。

積立期間は6年間で終了ですが、積み立てた資産は最大20年間は非課税の恩恵を受けられます。

商品と積み立て設定

つみたてNISAは私が実施している投資法に最もよく合う制度でした。

「手数料の安いインデックス・ファンドを買って、後はじっとしている。」

とてもシンプルな投資法です。

年間40万円までという枠については不満がありましたが、一般NISAの5年間という短さが気になっていた私にとって、20年間という非課税期間は歓迎すべきものでした。

投資商品

つみたてNISAの新設をにらんで、各社いろいろな商品を新規に設定していました。

その中で私のこころを射止めたのが「楽天・全米株式インデックス・ファンド」、通称「楽天VTI」でした。

VTIという海外ETFの王道銘柄に、投資信託という文明の力で100円から投資できる。

なんてすばらしい発想なんだと驚きました。

その素晴らしさは6年間で、純資産総額が1兆円を超えていることからもうかがえます。

「楽天VTI」「楽天VT」が同時に設定され、その後新興国の「楽天VWO」と高配当の「楽天VYM」が設定されました。

それぞれ素晴らしい発想ですが、後発の2銘柄はあまり売れてはいないですね。

つみたて設定

私は楽天証券でつみたてNISAを運用しています。

多くの人が毎月33,000円などとして積み立てているのではないでしょうか?

でも、私が選んだ設定は、

毎月1日に100円積み立て(年間1200円)。

ボーナス設定ありで、1月に398,800円。

いわゆる(疑似)年初一括投資法でした。

現在の状況

2018年から2023年の6年間、毎年年初一括(疑似)投資をした結果はどうでしょう?

2020年3月、いわゆるコロナショック時に若干マイナスになっています。

その他では常にプラスを維持してきました。

現在のリターンは、投資額2,399,900円に対し4,373,877円

利益率は82.25%です。

十分な利益を叩き出していますね。

最後に

2023年12月に最後の100円を積み立てて、つみたてNISAでの投資は終了です。

6年分の投資枠(240万円)全てを使い切ります。

2024年から始まる新NISAの投資枠(1800万円)と合わせて、2040万円の非課税枠を使えます。

もう普通に投資するのであれば十分な投資枠ですよね。

6年間という短い命だったつみたてNISAですが、まだ今年のうちに投資すれば20年間は非課税の恩恵を受けられます。

40万円という決して大きな枠ではありませんが、まだ使い切ってない方はお早めに!

経済的自由めざしてがんばろー。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました